30歳未経験でプログラマーに転職した男性の話

あなたは転職できない

「あなたは転職できない」これは俺が某ハローワークで言われた言葉だ。

でも俺は30代で転職できた。
30代での転職は、リスクが高いと言われている。
俺の転職も失敗するはずだった。
でも、ちょっとしたことがキッカケで転職に成功し、こんなこともあるんだという意味で伝えてみたい。

むかしの俺

30代の仲間入りをした直後で、仕事は製造業だった。

手取りは18万円弱。

8年勤めて給料が上がったのは、引っ越したときの交通費だけ。
ボーナスも不安定。良ければ15万円。悪ければ2万円。
しかも今は円安の影響で会社の経営が厳しいらしく、
「今年のボーナスは無いかもしれない」と朝礼のとき社長から話があった。
今が最悪の状態だと思いたいが、業界が衰退期に入っていて今後よくなることはないだろう。

俺の生涯収入は?

あまり考えたくなかったのだが、この先いくら稼げるのか計算してみた。
給料が増えない想定かつ、今の会社に定年まであと30年勤めた生涯収入だ。

その結果が約7000万円。
だがこれが現実だ。
しかもこのまま不況な業界の会社にいれば、さらに金額は減るだろう。

今の会社に一生をつくして貰えるお金がたったの7000万円。
一般的な男性は2億稼ぐそうだが、遠く及ばない。

家やマンションを買えば、間違いなくローン地獄になるだろう。

しかも「10年後に会社が存続しているのか?」と聞かれれば、倒産している可能性が高いと言わざるをえない。
もし存続していたとしても、クビになっている可能性が高いだろう。
将来に関しては「希望」ではなく「不安」しかない。

まさに底辺。

底辺で終わりたくない

このまま今の会社で踏んばる道もある。
ただ倒産やリストラの可能性がかなり高く、40歳で転職なんて恐ろしくて考えられない。
何のスキルも持っていない自分は、警備員か土方のアルバイトしかないだろう。

だから俺は転職を考えるようになった。

職種はプログラマーだ。

製造業からプログラマーなんて畑違いもいいところだろう。
だがそれでもいい。
俺はやってやる。
やってみせる!

ハローワークという希望

ハローワークの参考画像
俺は仕事帰りにハローワークに通った。
そのハローワークは、サラリーマンのために木曜日だけ19時まで時間延長していたからだ。
でもその時間はサラリーマンでごった返し、いつも駐車場と相談窓口が渋滞して人で溢れていた。

「283番の方」

俺は3週間目でようやく相談窓口まで辿り着く。
収入を上げたいこと、プログラマーになりたいことを担当者に伝えた。

だがそこで聞かされたのは「あなたに転職は難しいかもしれない」という一言だった。

これが現実なのだろう。
逆に今の職場でガンバルことを勧められる。
ある程度予想はしていたが、ハッキリ言われるとかなりグサっときた。

30代だから転職できないんじゃない

漠然とした迷いや不安があり転職できずにいた。
・いつ転職すればいいのか?
・どんな会社がいいのか?
・だれに相談したらいいのか?
・転職しても大丈夫なのか?
・そもそも転職できるのか?

転職を思い立ってから6ヶ月。
俺はネットで求人サイトを眺めてはため息をつくだけの生活を送ることになってしまう。
前進もしないが後退もしない生活だ。
いや。年を取った分だけ後退していたのかもしれない。

ハローワークでも、求人サイトでもない

俺は転職アドバイザーの無料相談に申込んだ。
俺は転職してもいいんだろうか・・・?
このモヤモヤを解消したいと思っていたからだ。
電話相談も受け付けているそうだが、直接相談を選んだ。

4日後、パーティションで仕切られた半個室でアドバイザーと面談することになる。
このアドバイザーの印象を一言でいえばムスカだ。
転職アドバイザー

ただこのムスカはオシャベリだった。
アイスブレイクの雑談で「即採用?ウソ臭いよう」といったダジャレを織り交ぜるほどだ。
俺のコミュ力が足りなく、ダジャレをスルーしまくったことは反省している。

それから俺はムスカにこれまでの経緯と転職への迷い、不安を打ち明けた。
ムスカは話を聞き終えると、俺の不安に一つ一つ丁寧に答えてくれた。
転職のリスク、
転職しないリスク、
落ち目の職種、
これから伸びる職種、
定年までできる仕事、
定年までできない仕事、
1年後のこと、
5年後のこと、
10年後のこと、
20年後のこと、
30年後のこと、
転職までに何をすべきか、
転職までに何をしてはいけないか

ムスカは転職のプロだった。
一言ひと言がまさに目から鱗である。
ムスカの長年の経験と知識から絞り出されて凝縮された言葉は、俺の適性と業界動向を見定めて未来のキャリアパスを描き出し、まるでラピュタの飛行石のように俺の未来を光指していた。

俺の迷いは、このムスカとの面談で完全に無くなり、「転職モード」へと移行することになる。

俺は転職できたのか?

結論から言うと転職できた。
ムスカがピックアップしてくれた俺に合いそうな非公開求人とやらの面接5社受け、そのうちの2社から内定をもらえた。
そして今、転職してちょうど新人研修をうけている最中だ。
OJT形式の研修のため時間に追われながらやっているが、プログラマーという職業は自分が思った以上に自分に合っていた。

「物を作る」という仕事は楽しいもんだ。

俺の給料

期待していた給料はかなり上がった。
研修中だが、手取りで25万円ほどになる。
あと1ヵ月で本採用になれば、27万円になる計算だ。

30歳の平均からするとまだまだ低いのかもしれない。
だけど俺は満足している。
前職の18万円から9万円アップの27万円。

しかも会社の先輩(年下だが)に話を聞くとそれなりに昇給があり、その人は27歳で手取り30万円を超えているらしい。
諦めていた月収30万円が近くにある。

30万円を超えれば生涯収入2億円も現実味を帯びてくるだろう。

転職が成功したのかはまだわからない。
これからの俺の頑張り次第だろう。

でも前職よりは「希望」が持てるようになったのは間違いないのない事実だ。

※2016年4月追記
今年の昇給で月収30万越えを達成。。。泣
正確には手取りで32万円ほどになった。
感謝!

一歩を踏み出してよかった

俺の転職成功の要因は、間違いなくムスカだろう。
ムスカに会えなかったらリストラと倒産に怯え、不安と失望の中で何十年も働かなくてはいけなかった。
あの時もし転職アドバイザーに登録していなかったら・・・。
そのストーリーも十分に考えられる。

「アドバイザーに相談するのは気が引ける」

最初はそう思っていたから。
だけど俺は一歩を踏み出した。
それがすべてを変えてくれた。
そう考えると転職成功なんていうのは、一歩を踏み出すことが全てだったのかもしれない。

ムスカに聞いた30代の転職で失敗する3バカ

30代の転職で失敗する3バカ
転職後、ムスカとサシで飲みに行くことになってしまった。
でも酒の席のムスカは、かなり毒を吐くなかなか面白いヤツだった。

そのとき聞いた30代で転職に失敗する話が面白かったので書いてみる。

1.相談しないヤツはバカ

転職するなら一度は誰かに相談しろ。
転職したいのに、転職できないヤツはかなり多い。
そのほとんどが一人で悩み続け、迷いや不安を大きくているから。
ずーっと、ずーっと悩み続けて、決心したときにはすでに時遅し。
転職は若ければ、若いほどいい。
若いほど良い求人があるし、失敗してもやり直しがきく。
1日迷えば1日分リスクが高くなるのを自覚すべき。
そのリスクを無くすには、悩みを誰かに相談して解決するのが一番楽だし手っ取り早い!

2.プロに相談しないヤツはバカ

人生を変えるような重要なことはプロに相談するのが鉄則。
例えばキミが痴漢の冤罪で逮捕されたら誰に相談する?
法律のプロである弁護士だろ?
転職なら転職のプロである転職アドバイザーに相談しろ!

3.畑を選ばないヤツはバカ

相談するならその道のプロを選べ。
プログラマーになりたいなら「IT専門の転職アドバイザーに」、
WEBデザイナーになりたいなら「クリエイティブ専門の転職アドバイザー」に、
整備士になりたいなら「エンジニア専門の転職アドバイザー」に相談しろ。
痴漢の冤罪で捕まってるのに、離婚調停の弁護士に依頼するか?
失敗したくないなら、その道を専門にしているプロを選んで相談しろ!

4.行動しないヤツはバカ

ムスカ「未経験だろうが、経験者だろうが何でもいい!」
ムスカ「転職したいんならサッサと連絡して恋!」
ムスカ「俺が何とかしてやる!」
ムスカ「20代、30代なら何とでもなる!」

専門アドバイザーの実力ランキング

転職に迷ってるんなら、取りあえず相談しては。

IT業界 No1

ワークポート

IT業界最強の転職アドバイザー。
プログラマーやSE、PM、デザイナー、サーバエンジニア、ディレクターなどが対象。
ジャンルはWEB、SI、ゲーム、ソーシャル、アプリ、統計、UIなどIT業界のすべてを網羅している。
給料アップに力を入れているらしく「前職より少しでも高給に!」と頑張ってくれた。こんな俺でも月収32万円!
業界未経験でも独学で勉強さえしていれば、相談に乗ってくれるのもGOOD!

ただし対象エリアが狭く「関東限定」というデメリットも・・・。IT転職なら一番オススメだが、この対象エリアの狭さだけが唯一のネック。
全国展開してくださいよワークポートさん・・・。
でも関東で仕事を探すプログラマーなら、間違いなく最強の転職サービス。
俺がお世話になったとこだし!

IT業界 No2

マイナビAGENT×IT

大手マイナビのIT特化アドバイザー。
関東と関西をサポートしている。
アドバイザーのサポート力はワークポートに比べて落ちるが、求人が多くサポートエリアが広いなど、大手の強みもある。
ワークポートと共に、1度は登録して求人をチェックしておいたほうがいい。

IT業界 No3

typeの人材紹介

Web系に強い転職アドバイザー。
カウンセリング、求人紹介、履歴書チェック、面接対策、年収交渉などトータルサポートがあった。
ただし東京、神奈川、埼玉、千葉エリア限定がネック。

【追記】その後の俺

2015年7月(約1年後)

俺がプログラマーに転職してから1年がたった。
その後の近況を報告したい。

まず。まだ辞めてない(笑)
バグ出して、直らなくて、納品できなくて、徹夜しまくって凹みまくったけど、いまだにバリバリ現役でプログラマーをやっている。苦労してプログラマーになったからチョットやそっとじゃ辞められないってのもある。
仕事はJavaのseasar2の開発チームに回され、自社のパッケージ製品を作っていた。そこで半年ほどもまれてから、受託チームでPythonを使ってECサイトの統計解析をプログラミングした。サポートベクターマシンや線形代数、ロジスティック回帰など意味不明だったが、難しい数式は専門の統計チームが仕様書を書いてくれた。でも最低限線形代数程度の数学を知らないと、仕様書すら読めたものじゃなく、結果としてバグを出しまくってしまい、納品に間に合わなかった。これはちょっとしたトラウマになったが、それからは数学を鬼のように勉強して、なんとか仕様書が読める程度までになった。
あと仕事をバリバリ頑張っていたのを評価され、4月の昇給で給料が29.5万円になった。自分の頑張りが評価されるのはとてもうれしい。転職前の会社では考えられなかったことだ。夢の月30万がすぐそこにある。今のところはプログラマーに転職して間違ってなかったと思う。30歳未経験でプログラマーになるなんてバカだと言われたが、それをバネにして頑張れたのも事実。今の目標は35歳までにチームリーダーになること。できれば統計チームに入って経験を積みたいが、京大や東京工大卒の頭の良いエンジニアしかチームに入れないみたいらしい・・。それでも目標の1つとして努力を重ねていくだけだ!

2016年8月(約2年後)

統計チームへの異動を申請したが却下されてしまった。
まだまだ実力不足という判断だろう。
いたしかたがない。
いま俺にできるのは、ただひたすらに学び吸収していくだけ。
seasar2の開発もだいぶ慣れてきた。
seasar2をカスタマイズした、社内フレームワークも先輩方に好評だった。
挫折に腐らず、このまま成長していきたい。

2016年9月

半期ごとの給料査定で月収31万に!
ついに30万円を超えた!
ビバ!